07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

哀しき外国語

2013/02/17
美術館の帰り、遅めのランチを食べようと、某お店へ。ここは1階がラーメン屋さんで2階が定食屋さん。
今日のだんなさんは定食が食べたかったらしい。
お店のドアもあいていて、看板もチェックしてあいているのを確認したのに「今やっていない」と言われ
だんなさんはお腹が空いていたこともあって、軽く抗議めいた口調で「え、でも看板にはこの時間あいているって書いてあるよね??」と。

「うん、でも今日日曜日だから・・・うんぬんかんぬん」とお店の人。

そういわれちゃあ仕方ない。諦めて後ろを向いた瞬間、その空気を察してか「1階でラーメン食べたら??」と言ったお店の人のひとことにだんなさんがすかさず

「あー、僕ラーメン嫌いなんで。」

ん??

いや、でもそんなはずないし。お腹もすいているんだよね??

現場にいた私には、そこまで嫌な感じはしなかったのですが、だんなさんに言わせると、その最後のひとことの言い方が「ラーメンでも食って帰れや」てな具合に聞こえる言い回しだったそう。

たぶん、言った人はそこまで考えていないと思われるのですが(ネイティヴじゃなさそうだったし)、だんなさんにはそうとれたらしく、あー、バイリンガルも苦労するのね、と思ってしまいました。

私なんて、逆に嫌味言われても気付かない可能性大だな。それも嫌だけど、気づかなきゃ幸せってこともあるなんて。

マレーシアは英語を話せる方もたくさんいて、そんなに困らないよ~という人も多いけど、ローカルならではのアクセントがあるし、必ずしも正しい(なにを正しいとするのかにもよるけど)英語が話されているわけではなくて、お互いに気持ちで話してる、なんとなく通じ合ってる感じ、みたいな、そんな空気だなと思うこともしばしば。

自分の英語を棚に上げてなんですけど、あ、間違ってる、という看板も多いし、え?そんな風に話すんだ~という発見も沢山。帰るころ、そんな英語に近付いていたら・・・嬉しいような悲しいような。

日本の人は間違いを気にしすぎて話せない、もっと話さなくっちゃ、と言われるけど、間違っていても堂々と話してくるのもなんだかね。

定食風夕ご飯で気持ちをしずめてもらおう。
20130217d.jpg
乾物サラダ
青梗菜の炒めもの
カレー
冷奴
チキンソテー(私は蝶々型。だんなさんのはハート形でした。たまたまです。)
油揚げのお味噌汁

お盆がちっちゃくて全部のらないわ~。もう少し大きめのお盆探さなくては。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
20:47 KL引越&生活 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。