04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ロテイオラン堀田シェフ講習会

2014/09/20
今回の講習会はロティオランの堀田シェフ
①芯をちゃんと作れているか、どうやって判断する??
芯づくり
具材を中心に入れてみればわかりやすい!などなど、ああ、そうか、そうやって考えるのか~と目からウロコ。
とか言いながらも、このピオーネがむちゃくちゃおいしかったことがまず真っ先に浮かぶ私はただの食いしん坊
紅茶の茶葉もはいっておしゃれ~~。
20140913講習会_3

②生地を張らせるってどういうこと??
マスカルポーネ入りでしっとり&ほんのり甘みもある角食。
20140913講習会_2
(私のは右端のやつ。)

生地を丸め直した時にちゃんと張らせられたかがわかるらしい??カーブのライン。
カーブの出方はいかに
どうでしょう?
真ん中ふたつはあとからやったので、やっぱり始めの二つよりは上手くいっている気がします。

L先生のサラダと一緒に試食タイム♪このサラダも絶品でした。
20140913講習会_1
ど真ん中にピオーネ!

家庭製パンって面白いなと思えた1日。
自分が焼きたいパン、食べて欲しい人をまた一層イメージできた1日。
今まで漠然とやっていた作業のひとつひとつをまた丁寧に見直そうと思えた1日。

L先生はもちろん、堀田シェフもどんな些細なことにでもちゃんと答えてくれる、こういう方々が近くにいてくれると本当に心強いです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
14:59 パン講習会 | コメント(0)

Zopf講習会

2014/05/11
今回の帰国ではZopfでの講習会に参加させていただきました。

Zopf講習会

伊原シェフ、家庭製パン向けにわかりやすく説明して下さいました。
職人さんってもっとお堅い?頑固なイメージですが、フレンドリーでホッとしました。
こんな素敵な機会を作ってくれたR先生にも感謝です。
いままで当然と思っていたことがあんまり意味のないことだったり・・・目からうろこの話もありました。

焼きあがりを待って遅めの昼食。4種のパンを食べ比べました。
食事に合わせたパンというイメージで、そのままだと酸味が気になる~~。
でも薄く切ってみたり、パテによってもイメージがだいぶ変わるので料理とのマリアージュ??を考え始めたらひろがるかな??
はちみつとの相性もよさそう。
ワインにも合いそうです!!
本を持ってきてサインをお願いしたかったのにすっかり忘れてしまったのが心残り。


今回使用した粉をセットにしてある復習セットも購入し、さっそく家でヴァイツェンミッシュブロートから。
復習
ヴァイツェンミッシュブロート

パウンド形が無いのでちょっと形変えてしまったロッゲンミッシュブロート。
ロッゲンミッシュブロート

実家のオーブンは最近買い直した新しいものですが、過去のオーブンの付属品だった天板がたくさんあったりと、スチーム入れるのに好都合なものが沢山あって、いろいろ試すこともできました。
私にとっては意外な母のアイディアが結果的にとっても効果的だったりと、なんだかとっても勉強になり、すぐ復習するって大事なのね、と思いましたが、
「メールで送っておいで。添削もしますよ」
との伊原シェフの言葉を覚えてはいても送る勇気が無く・・・下手だから見て欲しいんだけど、こんな状態じゃ申し訳ないよ、という感じなので、もう少しなんとか形にできてから・・・。

「味についてのコメントも忘れずに」

とおっしゃってたなぁ、他にもレシピノート??の記載の方法とか、細かいところでもっともっと気をつけるべきことを教わりました。
私のパン焼きノート、もう少し丁寧に書こうっと。


それぞれが2回分できるようになっているとうかがっていたのですが、粉によっては3回分近く入っていたり・・・シェフ太っ腹^^
スーツケースに入らないかも・・・と思い、家でも復習頑張りましたがライ麦で手がかゆくなってきて藩領になったところで中断><
次回までにケロデックスクリームいるかな??

用意してくださった紙袋の裏は補強用にテープまで!!こういう心配りのできるお店って素敵ですね。
微妙にツボ
このパンダさん、なんだか妙にツボにはまってしまいました。

~余談~
気にはなっていてでもなかなか出かけてこられなかったので、パン屋さんの方にもお出かけ。雨の中大きな紙袋を抱えながらみんなで長蛇の列に交じりました。こちらではデニッシュ系を買って帰りました~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村


17:53 パン講習会 | コメント(0)

志賀ラボ

2014/02/05
今回の帰国は、この参加のため、と言っても過言ではありませんでした。
shiga labo1

志賀シェフにお会いできて、間近でパン作りを見せて頂ける、それだけで大興奮な私は、たぶん他の皆様よりもパンの知識も腕もまだまだ・・・。

でもそんな私でも温かく受け入れてくださったシェフ、幹事の先生方、ご一緒させていただいた皆様のおかげで実りある1日となりました

キタノカオリ100%のチャバタ
チャバタ1
シェフのデモを見ながら、皆で手ごねという スペシャルな内容!

クグロフはケーキのような口どけ。2~3日後がこれまたおいしかった~
クグロフ~

パン・ド・ミ
粉を変えて2種類。
パンドミ 志賀ラボ

バゲットは配合の違う3種類。Ⅲは家で焼けるようになれるかしら~~??
バゲット志賀ラボ


ガレット・デ・ロア 
シェフが作ったら

パン屋さんの視点で考えた、シェフらしさも加わったガレット・デ・ロア。これ、R先生たちからのリクエスト(お題)でできあがったものらしいと後から聞いてびっくり
サクサクで甘さも控えめな上品なお味フェーヴも入って、どこかのカフェに来たような気分~♪ 頭はパンのことでパンクしそうなほどいっぱいいっぱいだけど、威圧感の無い楽しい講習会でした^^

奥に写っているSAFのイーストはお土産にいただきました。(他にもたくさんお土産があっ他のでほんの一部です)

「期待しててね~」
と前々からR先生に言われていたランチ
special lunch
・バゲット プラタヌ

・キタノカオリのチャバタサンド

・米粉のベシャメルソースグラタン

・オードブル3種

おしゃれなペアリングに期待以上のボリューム!!
あれ??私、カフェに来たんだっけ??と思ってしまうほど!!


復習用の持ち帰り生地と、焼きあがったおいしいパンをたくさん抱え、幸せいっぱいの帰り道でした。


「こうだったらいいな」を形にできるR先生。
この日も随所に先生のアイディアが光ってました
私がもしず~っとパンを極めていけたとしても、こんな素敵な講習会の企画なんて、到底思いもつきません。

パンの会をやる時に「こんなスタイルがいいかな」と思う時、いつもR先生が浮かびます。

R先生と知り合って、お教室に通わせて頂いて、それからぐっと広がった世界。
外国で暮らして、また違う国の方との縁ができて・・・・それが実はパンのおかげだったり・・・

私もいつかそんな人になれる日が来ますように。


気さくな志賀シェフにもすっかり魅了され、次回帰国にはMちゃんとお店に行こう!と意気込む私なのでした。
第二回志賀Laboまでに、1000本焼くぞ~!!粉はこれから用意するんだけど

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
20:35 パン講習会 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。